運転免許に関する情報を掲載中!

どこにでも行ける運転免許

自動車教習所の教官とは

将来、自動車教習所の教官になりたいという子供の存在が大きくクローズアップされています。
教習生の隣に座り、自動車の運転にまつわる技能や知識を教える姿に憧れを抱く人も多くいるということを顕著にあらわす結果であるといえます。
昨今においては、気になる傾向として、若者たちの車離れが取り沙汰されるようになってきています。
この事態については、特に最近になってからのことであるといわれていますが、その背景には、今の若い世代は、子供時代を含めて、長きにわたり、不況が続いた点があるといわれています。
今般、ようやく、景気に明るさが見え始め、自動車教習所の教官というところに、注目が集まったのではないかという意見もあります。
いずれにおいても、自動車が多く使われる日本では、すそ野が広いとされる自動車関連業界が賑わいを見せるということは、歓迎すべきであるといわれており、そういった観点からも自動車教習所の教官の役割は大きいといえます。

自動車教習所の教官を覚えている人もいる

自動車免許を持っている人は、自動車教習所に通ったことがあるでしょう。
合宿免許で短期間でとる場合や、空き時間を使って通って半年程度かけてとる場合等の違いはありますが、その免許の性質上、実地訓練が非常に大切ですので誰でも教習所のお世話になります。
そして教習所に通った経験のある人の中には、教習所で教えてくれた教官のことを覚えている人も少なくないでしょう。
学校の先生は忘れてしまったけど、教習所の教官は覚えているという人もいるかもしれません。
これは、いくつのか要因が考えられますが、一つはその免許の性質上、運転技術が未熟だと生死にかかわる問題であるため、教官が真剣に教えてくれたということが挙げられます。
そのため印象に残っている可能性があります。
もう一つは一対一で教えてもらう、しかも車という密室の中で二人きりになるという状況から印象が強くなるということも考えられます。
たまに教習所のことを思い出し、安全運転についての意識を高めるということも有意義かもしれません。

Favorite

Last update:2016/11/10